月別アーカイブ: 2008年12月

カンタンに弾ける!デュオ・ギターのしらべ

アコースティック・ギター・マガジン カンタンに弾ける!デュオ・ギターのしらべ  ひとりでも楽しめる☆名曲メロディ&コード伴奏25選(CD2枚付き) アコースティック・ギター・マガジン カンタンに弾ける!デュオ・ギターのしらべ ひとりでも楽しめる☆名曲メロディ&コード伴奏25選(CD2枚付き)
(2007/09/14)
江部 賢一
 最近、中学1年生の娘がギターを弾きたいと言うのでコードを教えた。Am、Em、C、F、Dm、G7が押さえられると色々な曲が弾けると、やって見せた。最初はストローク、そしてアルペジオと。なかなか好奇心は強く、初心者の難関のFに難儀をしたもののクリア。弾き語りの楽譜を買ってきて練習している。
 しかし、弾き語りではなく私のソロギターを聞き、それがやりたいと言う。難しい事から入ると挫折しては困るので、手始めにソロギターの楽しさを教えようとデュオギターをやってみる。格好の教材だったのが、江部先生の“カンタンに弾ける!デュオ・ギターのしらべ ”
 娘が幼い頃から聴かせていた曲ばかりなので、いわゆるおなじみの曲ばかり。イエスタデイワンスモアを練習中。90%完成。父のパートの方が上達が遅い(笑)
 気も早く、次なる曲エンターティナーを練習中。大切に育てようと計画中。親子のギターライフにもやはり江部先生のお力をお借りさせていただいております。デュオギターにはうってつけの1冊。難易度ごとに曲が豊富にあり、レベルに併せてステップアップできる。
収録曲
1.明日に架ける橋
2.スカボロ・フェア
3.サン・フランシスコ・ベイ・ブルース
4.チェンジ・ザ・ワールド
5.クロスロード
6.哀愁のヨーロッパ
7.見つめていたい
8.アローン・アゲイン
9.イエスタデイ・ワンス・モア
10.雨を見たかい
11.イマジン
12.トップ・オブ・ザ・ワールド
13.ホテル・カルフォルニア
14.enegy flow
15.ルパン三世のテーマ’78
16.カントリー・ロード
17.スタンド・バイ・ミー
18.ダニー・ボーイ
19.ジャンバラヤ
20.ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー
21.エンターティナー
22.グリーンスリーブス
23.赤鼻のトナカイ
24.星に願いを
25.きよしこの夜

商品詳細を見る

ソロギターで弾く ボサノバで奏でるシネマ名曲集 模範演奏CD付き

CD付 ソロギターで弾く ボサノバで奏でるシネマ名曲集 CD付 ソロギターで弾く ボサノバで奏でるシネマ名曲集
(2008/11/20)
江部 賢一
 誰もが知っている映画の名曲をボサノバ風にアレンジ。アレンジはギター編曲の第一人者・江部賢一先生。クオリティ高くボサノバに生まれ変わったシネマの名曲を堪能できます。模範演奏CD付。聴くだけ(BGM)でも楽しめます。
収録曲は
1.星に願いを
2.ムーンライト・セレナーデ
3.ニュー・シネマ・パラダイス
4.虹の彼方に
5.The Rose
6.ムーン・リバー
7.マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン (タイタニックのテーマ)
8.美女と野獣
9.ホール・ニュー・ワールド (アラジンのテーマ)
10.シェルブールの雨傘
全10曲。

商品詳細を見る

新レインズ

 全国4機構がそれぞれシステムを運営しているレインズは、東日本レインズに集約され2009年1月4日よりの稼動を待つばかりとなりました。
 なお、次期システムついては(1)売買物件データベースと賃貸物件データベースを分離。賃貸物件の種別構成を2種類(居住用、事業用)から5種類に拡充する、(2)オークション物件、物納物件を通常の売買物件から分離、(3)稼働時間を限りなく24時間に近づける。(4)パソコンによる各種証明書の受信・出力機能を付加する。(5)自社物件検索結果からの更新処理(変更、成約、削除など)機能を策定する。
といった改訂が行われるほか、モバイル端末への対応、オンライン上でのソート機能の付加、F型のマークシートによる物件登録・図面登録を廃止するなど、IP型への移行も促進していく。--等の改訂が予定されています。
 特筆すべき点は【広告転載区分内容】が、新たな登録項目となった事です。
内容は、・広告可 ・一部可(インターネット) ・一部可(チラシ・新聞広告) ・広告可(但し要連絡) ・不可 となっています。元付け業者に掲載の確認を書面でいただくのは、双方が業務上大きな負担でしたので、画期的な事です。
 現在の規程では、『(財)東日本不動産流通機構 会員間取引規程細則 第3条(広告掲載、宣伝告知等の承諾)に定められている、「規程第3条第一号に定める、機構により知った情報の客付業者の広告掲載、宣伝告知等に関する元付業者からの承諾は、原則として書面によるものとする。」』と記載されております。
 これを昨今の情報化時代において、会員間取引の迅速性や利便性を考慮し、東日本レインズ次期システムの入出力項目として、広告転載区分を設け、元付業者からの承諾の簡便化をはかり、元付業者自ら承諾の意志を示して登録した物件については書面による承諾を省略できることを規程に追加、定めること――にしたもの。
 なお、正式の規程の変更は、理事会・評議員会の承認と国土交通省の認可を受けての施行となる模様。
↓新レインズデータ取り込み機能付きホームページ制作はこちら
レインズ対応不動産ホームページ制作