月別アーカイブ: 2008年9月

アコースティックカーニバルinつくし野センター

 最近、クラシックギターのライブやミニコンサートに、暇を作り出して良く出かけるようになりました。一つの発見としてプロ(セミプロ)のギタリストはあまり一般的な曲を演奏しません。僕のようなアマチュアには、初めは良いのですが聴いているとだんだん眠くなっててきます(失礼!)。
かといって、今さら“禁じられた遊び”を聴きたいとは思わないのですが...。
 過日、つくし野センターにて“アコースティックカーニバル”がありました。3時間に及ぶロングランコンサートでした。アマチュア・プロ・セミプロの各ギタリストがお得意の曲を披露しておりました。
やはりプロ(セミプロ)の方は、知らない曲やオリジナルを演奏しておりました。その中でプロの方が、今さらながら“禁じられた遊び”を演奏されておりました。クラシックギターレッスンの練習曲とも言える、聴きすぎた曲も、メリハリの効いた新鮮な“禁じられた遊び”に生まれ変わって、素直に聞き惚れました。新たな発見でした。やはり、上手な人が弾く表現力のある演奏はどんな曲でも感動を与えられるものだと感心いたしました。
 素晴らしいコンサートを、当日までの無事故・大成功で運営されたスタッフのみなさん、Met’s代表の丸山さん、ご苦労さまでございました。