ソロギター

ソロギターとは・・・
 1台のギターで伴奏とベース・メロディーを同時に弾いてしまうプレイスタイルがソロギターです。
プロや上手な方の演奏を聴けば、1人で演奏しているのにもかかわらず、2、3人で弾いているように聞こえるほどです。
ソロギターのメリット
 ソロギターの良いところは、1人ですべて完結します。お披露目する時も多くの機材や人数がいらず、経済的(?)です。不況の時代にはぴったりです。(笑)
また、パートナーもいりませんし、時間・場所の制約がなく出来ます。もちろん、ソロギターのアンサンブルもOKです。(ギター数台、ギター+他楽器等)
ソロギターのデメリット
 ソロギターのデメリットは、1人で演奏するため間違えるとすぐにわかりますし、演奏が止まればすべて止まります。(バンドの場合、ギターが間違っても他のパートがフォロー出来ますので、演奏は止まりません)
ソロギター事情
 ソロギターの楽譜は、昨今とても充実しています。楽譜が読めない方も、タブ譜で簡単に運指がわかります。ギター関連の情報誌が最近、ソロギター譜面の占める割合が多くなってきているように感じられます。模範演奏CDが付属している譜面が大半なので、早期上達も夢ではありません。また、アレンジもソロギター用に素晴らしいです。癒し系です。ソロギターの人気が少しずつ出てきましたね。
ソロギター用曲アレンジ
 何と行っても江部賢一先生のソロギターアレンジは最高です。先生がアレンジされた、ジャズ・ロック・クラシック・Jポップス・ラテン等のソロギター譜を是非。初心者~上級者まで様々な譜面があります。
↓江部賢一ウェブサイト
江部賢一ポピュラーソロギターの玉手箱


コメントを残す